スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
チョウチョの幼虫です

今日はチョウの生態を調べるために某所でチョウの幼虫を探しています。

みなさん、チョウの幼虫を見つけるコツって知っていますか?

まず、チョウが食べる草を見つけます。

次にその草が食べられているか見ます。

その2つが合致したら草の隅々までよーく探します。

その結果は・・・

大漁です!!少しの時間で3種類5匹のチョウの幼虫を発見できました。


まずはアカタテハの幼虫。カラムシなどの野草などに生息しています。




続いてキチョウの幼虫。シロツメクサなどのマメ科の植物に住みつきます。




最後にキタテハの幼虫がカナムグラの葉っぱに生息している写真です。




このように様々な植物に様々なチョウの幼虫がいます。
皆さんもよろしければ近くの草花を注意深く見てみてください。
様々なチョウの幼虫を発見できるかもしれませんよ。

カテゴリ:- | 17:00 | - | - | - | - |
高津区近辺に生息するチョウチョです

こんにちは、地域環境サポーターのIです。

今日は某所で観察できたチョウをアップしたいと思います。

まず、ヤマトシジミ・・・都会で多分1番生息している数が多いので皆さん一度は見たことあると思います。
特徴は2センチ前後で灰色でチラチラと飛んでいればヤマトシジミの可能性が高いです。




次にヒメアカタテハ・・・前翅長は3cm前後。前翅の先端は黒地に白の斑点、前翅の中央部には橙色地に黒の斑点があります。
幼虫はヨモギやゴボウ、ハハコグサの葉を食べます。




最後にツマグロヒョウモン・・・前翅長は38−45mmほどで、幼虫はは各種スミレ類を食草とし、野生のスミレ類のみならず園芸種のパンジーやビオラなども食べます



写真には撮ってませんが他に約7種類のチョウが発見できました。
高津区の小学校ビオトープにもたくさんのチョウが集まるよう、様々な調査を行いますので、その都度アップしていきます。

カテゴリ:- | 15:00 | - | - | - | - |
本日も研修の続きです!
 

本日は、小学校に呼び込めそうなチョウと食草(チョウが幼虫の時に食べる植物)を調べる作業や、植物の違いを見つける作業を行いました。

 


植物の違いを見つける作業の中に「エノキ」と「ムクノキ」という植物のスケッチをするという内容があったのですが、


 

「正確な比率で二倍にしてスケッチ」という課題がなかなか難問で、コピー機で葉を二倍にした時と変わらない正確さでのスケッチは、神経を削ぎ取られるような感覚でした。


 

しかし、この「正確な比率で二倍にしてスケッチ」をすると、それぞれの種類による葉の形の違いが驚くほど鮮明に現れ、繊細な違いも知ることができました。



 

このような違いを理解することで植物を見分けるポイントもわかるようになり、チョウのビオトープに必要な植物を見つけやすくなると思うので、もっと様々な種類の植物を観察し、見分け方を勉強していきたいと思います。


カテゴリ:- | 19:00 | - | - | - | - |
本日は地域環境サポーターの研修でした!
 


高津区では現在、区内小学校にビオトープを整備するという計画を進行中で、今回は、様々な種類があるビオトープの中で「チョウのビオトープ」を整備するにあたり必要な知識をつける為の研修でした。


 

研修初日である今日は、横浜市内某所の河川敷を歩き、チョウの食草(チョウが幼虫の時に食べる植物)の採取を行いました。


 

食草はチョウの種類によって違い、例えばモンシロチョウの幼虫ならキャベツなどを食べますし、キアゲハの幼虫ならミカンやユズなど柑橘類の葉を食べます。


 

それらを理解すれば「このチョウを小学校に呼び込みたい!」となった時、どの植物が必要になるかが分かるので、今回の研修はその第一歩です


 


本日採集した植物は、

 ●ヤマトシジミの食草であるカタバミ




 

●ベニシジミの食草であるギシギシ

 

 

●キチョウの食草であるメドハギ

 

 

 

●キタテハの食草であるカナムグラ

 

 

 

●アカタテハの食草であるカラムシ

 

 

 

●ヒメアカタテハの食草であるヨモギ

 

 

 

 

これから、このような植物を沢山覚え、チョウとの関係性も勉強し、チョウを呼び込む準備を進めていきたいと思います!


カテゴリ:- | 18:00 | - | - | - | - |
たかつ地域環境サポーターになっての初仕事!!

 ビオトープの再整備業務で、とある小学校に行って来ました。


そこで今回は簡単ではありますが、ビオトープのご紹介をさせて頂きます。


ビオトープとは?
 Bio(生きもの)+Top(場所)というドイツ語の合成語であり、

 「生きものの暮らす場所」という意味です。

その本来の意味に立ち返り、人間にとって「自然」に見える環境を優先するのではなく、野生の生きものたちにとって頼りとなる暮らしやすい環境づくりを優先することを第一の方針とします。
 ん〜〜?と言う方へ↓↓↓

  ※様々なビオトープが存在します。
 例)池・草花・生物 他




では、実際どのような事を行うのか?簡単にご紹介します。
※今回は池のビオトープのご紹介です。


作業前

作業前



作業後

作業後


※凄い変わりようですね。
 (作業時間は、大人4人で2時間30分位でした)


・作業前にはヨシ・キショウブなどの植物の繁茂により水面が見えず陽の当たらない環境でした。

 そこで!!
 ≪Bio(生きもの)+Top(場所)≫作り開始!

繁茂している植物の刈り取り作業を行い、水面が開放された事により、

その数分後には、オオシロカラトンボ・オニヤンマクロスジギンヤンマの姿を確認出来ました。

オニヤンマ


※この短時間で、クロスジギンヤンマの産卵も確認出来ました。
今後ビオトープ水辺の環境作りを行う事により、新たな種類の生物の生息、繁殖が期待できます。


 
地域環境サポーターになり初仕事!久しぶりに豊かな自然に触れ、日頃自然を感じなく無っていた私が居た事に気づかされました。

植物・生物に囲まれる事により・優しさ・心の豊かさ・時間のゆとりの大切さを感じ取りました。

日頃空や自然を眺める(歩きながら上を見たり・歩くのを止めて目の前の木々や草花見る)事を忘れていた私に、今回のビオトープ作業で特に様々なゆとりの大切さを教えられた気がします。

皆様は空や身近な自然を眺めていますか?

日頃忙しく、空や自然を最近感じていなかった方、このブログを拝見頂いたのを期に、是非、自然を感じ新しい発見や心のゆとりを感じ、お楽しみ下さい。


 

カテゴリ:- | 11:00 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまして。 鶴見川流域ネットワーキング職員 I です。
 はじめまして。鶴見川流域ネットワーキングのIです。

私が、鶴見川流域ネットワーキングの委託職員になって、はや1カ月が経ちました。
この短い期間の中でも今まで自分が一般企業に勤めていたときには経験できないような事がたくさんありました。

私はこちらにお世話になる前までは、いわゆる普通のサラリーマンとして利益を求め、サービスを提供していました。
今は非営利活動を通じて、様々な場においてたくさんの方が協力し合い、高津区の暮らしを考え、行動をとっている姿に大変感動しています。

私達のこれからの仕事は主に「エコシティたかつ」のプロジェクトである区役所の緑化等を推進する「エコシティホール化」の推進や、
区内の小学校に生き物にとって暮らしやすい環境整備をし、環境学習を支援していく「学校流域プロジェクト」です。

子どもたちや高津区に住まう皆さんが、身近な環境に興味を持ち、100年後の高津のまちのために、様々な取り組みを一緒になって進めていけたら、どんなに楽しいことかと思っています。

さて今月は、区内小学校
のビオトープ整備、


ゴーヤの収穫


首都大学東京の皆さんや、ボランティアの方々と高津区内のヒートアイランド調査など様々な活動をしてきました。

これからも「エコシティたかつ」の推進のために頑張ります。
まだまだ未熟者ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします。
カテゴリ:- | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
高津区ソーラーシステムの視察受入好調です
 7月1日に稼動した、高津区ソーラーシステム」

太陽光パネルにリチウムイオン電池をつけて、建物に系統連係しているシステムは、自治体の庁舎としては国内初ということもあり、視察が多いです。



川崎市議会議員の皆さん、新聞社の皆さん、川崎市職員の皆さん、高津区民の皆さん、などなどたくさんの方の視察をいただきました。

今後も、「エコシティたかつ」推進会議など、関連する市民の皆さんの視察を受入していきますので、皆さんも是非お越しください。


受入は、企画課で行なっております。事前にお電話(044-861-3131)をいただけるとありがたいです。


カテゴリ:- | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雨水モニターさんからのレポートです


雨水樽市民モニターの方からのレポートをご紹介します。

「エコシティたかつ」では、雨水利用の啓発のため、区内の3家庭(団体)さんに、雨水樽を設置し、モニター活動をお願いしています。


==========================================

梅雨になり雨水樽の水も無くなることもなければ使うことも減りました。

ですが、毎日雨水樽のお水を沢山あげていたブルーベリーは、気がつけば、こんなに実を膨らませています。

食べ頃までもう少し、雨水樽の水実らせたいと思います!!



PS.オリーブも今年は実をつけました!!

カテゴリ:- | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「高津区ソーラーシステム」設置記念セレモニー

本日は、お昼休みに高津区役所庁舎に設置された
「高津区ソーラーシステム」
設置記念セレモニー&グリーン電力コンサートが行なわれました。



地方自治体の庁舎施設としては、国内初であり
おそらく世界でも初であろう
「高津区ソーラーシステム」のお披露目ということで
式典の主催者挨拶は、阿部孝夫 川崎市長にお願いしました。


そして、来賓挨拶は、高津区が進める
「エコシティたかつ」のリーダー 岸由二先生にお願いしました。




その後は、点灯式です。
阿部川崎市長、岸先生をはじめとする
関係者の皆さんに点灯をお願いしました。




みなさんで、スイッチオン!!!



点灯に使ったシステムは、太陽光発電に協力してくださっている市民ボランティアの方の手づくりの
「おめでとうソーラーはつでん」です。
無事、点灯してくれてホッとしました。



その後は、グリーン電力コンサート
このコンサートの特徴は、
屋上のパネルで作られた電力で演奏するってことです。

演奏するのは、川崎から飛躍していく「Style−3!(スタイルスリー)」。
エコシティのイベントの際は、節目節目でお願いしていますが、
今日も楽しい演奏をしてくれました。



次の節目にも、「エコシティたかつ」に力をもらえる演奏をお願いしたいです。みんなで「エコシティたかつ」を進めましょう。

カテゴリ:- | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トンボ旅立つ
 先日、区内の小学校のプールから救出したヤゴの一部を、
区役所のビオトープに入れておきました。



昨日、雑草を抜いたときにはなかったのですが、本日見てみると、なんとトンボになって旅立った抜け殻が何個もありました。



さらに拡大してみると、こんな感じです。



ちょっと嬉しいこんな発見があるビオトープ。是非とも皆さんのおうちでも実践してみてはいかがでしょうか。
カテゴリ:- | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/3PAGES | >>